ドメインにある被リンクの重要性

1つのドメインに対して多くの被リンクがあれば、SEO効果は発揮されるのでしょうか?答えは半分正解で半分不正解です。ドメインの被リンクは数があれば良いというわけではありません。ではどのような被リンクがあれば良いのか?について解説していきます。

ドメイン検索で出てきたvodafoneは利用不可

サイトを運営するとき、一番最初にすることはドメインを取得することです。ドメインとはサイトの住所のようなもので、すべてのサイトは固有のドメインを持っており、重複するドメインは存在しません。新たにドメインを取得しようと検索をかけると様々なものが出てきます。その中にvodafoneというものがあったら少し注意する必要があります。

vodafoneは昔使われていたドメインの一つですが、現在ではsoftbankに統合されてしまっています。つまり現在では使えない可能性が非常に高いのです。このことを知らずに取得してしまった場合、サイトが開けない、メールの送受信ができないなど、サイトとして全く意味をなさないということになります。

検索をかけたときに注意していればいいのですが、サイト運営が初めてだったりする場合は引っかかってしまうことがあります。もしも取得してしまった場合はあきらめるしかありません。vodafoneは使われていない住所ということになるので、検索エンジンなども一切反応してくれません。

中古のドメインを利用するときのリスクなのですが、使用できるかどうかは使ってみないとわからないという点があります。現在使われていないものであるという可能性もありますし、ペナルティを受けている場合もあります。ドメインは用途によって変わってくるため、目当てのものを見つけても、前の使用者が同じようなサイトを開いて失敗していると、そのデータが残っていて検索した時に上位に表示されないということもあります。新規に取得していればそのようなリスクは防げるのですが、今度は検索時にヒットするようになるまでに時間がかかります。ですが、リスクは最小限に抑えることができます。