ドメインにある被リンクの重要性

1つのドメインに対して多くの被リンクがあれば、SEO効果は発揮されるのでしょうか?答えは半分正解で半分不正解です。ドメインの被リンクは数があれば良いというわけではありません。ではどのような被リンクがあれば良いのか?について解説していきます。

ドメインを設定したWebapiでできること

ドメインを利用したウェブサービスを提供するサイトが増えています。ウェブサービスはapiと呼ばれる呼び出し方を使って結果を得るのですが、多くのサービスが提供されてきており、できることが大幅に増えてきています。もともとウェブサービスはIPアドレスで呼び出すことが多かったのですが、負荷分散などを行うためにもドメインが利用されることがふています。TwitterやFacebookなどのSNSで注目を集めたウェブサービスは一気に利用者が増えてしまうので負荷分散対応はとても重要であり、ドメインを設定することで対応し易いくなります。また、ドメインを設定することで検索サイトの評価も上がりますから説明用のWebサイトやブログなどのPVも向上すると期待されています。検索サイトでの評価はサイトのコンテンツ次第と考えられていますが、実際にはSNSなどからのバックリンクも重要性が増してきており、ドメインを設定することでリンクが貼られやすいということも指摘されるようになってきています。また、過去に使われていたドメインを再利用することで過去のサイトの評価を受け継げますので新規のウェブサービスであっても検索サイトで上位表示することができるケースが多いです。ウェブサービスは利用者を集めなくては意味がないことが多いですから機能の向上と合わせて中古ドメインなども活用して検索サイトでの評価を上げておきたいものです。ただし、apiの利用においてはスパムサイトで使われていたドメインはファイアウォールを突破できない場合がありますので、検索サイトなどで検索をしたり、各種ブラックリスト検索サービスを使ってチェックしてから利用する必要があります。