ドメインにある被リンクの重要性

1つのドメインに対して多くの被リンクがあれば、SEO効果は発揮されるのでしょうか?答えは半分正解で半分不正解です。ドメインの被リンクは数があれば良いというわけではありません。ではどのような被リンクがあれば良いのか?について解説していきます。

ツイログやdirect接続でも重要なドメイン

ドメインは単にウェブサイトやメールアドレスの認識に使える道具として使われてきていますが、ツイログや検索サイトでの評価の引き継ぎなどさまざまな効果が見られることから別な視点で注目が集まってきています。ウェブサイトの評価についてはこれまでdirectな接続でのPVではなく、検索サイトからのアクセスが重視されてきました。直接ウェブサイトを見てくれる方は少なかったからです。しかし、SNSの発達もあって検索サイトからの流入は減ってきており、SNSからのアクセスが急増して生きています。SNSからのアクセスで重要なのはリツイートやいいねなどの紹介機能です。これらの機能は広がりが急激に進み、長期的な流れになりやすいのが特徴です。そのため、ツイログや各種まとめサイトなども使いながらツイートやSNSでの記事を注目させようとする動きも多くなっています。これらで作成されるリンクはバックリンクと呼ばれ、古くから検索サイトでの評価につながると期待されていますが、その評価よりもSNSからのdirect接続注目が集まっています。これらのリンクは長く残りますのでサイトが変わっても利用できます。そのため、中古物件として活用されるドメインも増えています。中古ドメインは検索サイトでの評価であるインデックスの数とバックリンクの数で価格が決まることが増えており、アルファベットの綴で選ばれてきた流れから変わってきています。また、販売に先立ってブラックリスト入りしていないかのチェックも必須となってきており、買いやすくなっています。検索サイト側での対策が行われるという意見もありますが、あくまでもコンテンツをチェックすることに変わりなく、カテゴリがあっていれば評価は引き継げると考えて良いです。