ドメインにある被リンクの重要性

1つのドメインに対して多くの被リンクがあれば、SEO効果は発揮されるのでしょうか?答えは半分正解で半分不正解です。ドメインの被リンクは数があれば良いというわけではありません。ではどのような被リンクがあれば良いのか?について解説していきます。

ドメインが持つ被リンクを調べてみましょう

自分のドメインがどれだけの被リンクをもっているのかは気になるでしょう。自分で張った被リンクはもちろん把握しているでしょうが、ほとんどはいつの間にか誰かが貼ったものです。逆にほとんど自分で貼ったものだと、ブラックハットseoと見なされてグーグルにマイナス評価をくだされます。最近は特にこのリンクに関して厳しく、見つかると速攻で圏外に飛ばされ、二度と戻れなくなる場合も多いです。これは被リンクを大量に生成する業者が増えたためです。グーグルはユーザーにとって最適な検索エンジンを実現するのが使命なので、このような被リンクでクローラーの動きを邪魔するようなサイトを嫌います。そのため、不自然に動かされたクローラーはそのサイトをブラックハットと見なすのです。気を付けてください。この被リンクを調べる方法ですが、被リンクの数だけでなく、サイト訪問者のうちのどれだけの人がそのリンクから訪れたのかということまで無料のツールで調べることができます。またサイトの戦略を立てるなら、このようなツールでの調査は必須項目です。特にサイトを運営して半年あたりでは気になるところでしょう。最初の方は、集客よりもコンテンツの品質を高めることと内部seoで人に見やすくすることをひたすら考える必要があります。あとはキーワード選定です。結局外部seoをいくら行ったところで、コンテンツの質が低くてさらに見にくいサイトだとクローラーが評価しません。まずはひたすらクローラーが来たら評価するサイトつくりです。そしてある程度作ってからクローラーがどれだけ巡回しているかなどを調べると良いです。基本的に被リンクがなくてもサイトの更新をしていればクローラーが来ます。

日本語ドメインが取得におけるメリット

昔はドメインが日本語が良いか英語が良いかということがよく言われていましたが、最近はその議論はあまりされていません。その理由は一応の結論が出たからです。どっちも同じということになっています。実際に実験した人もいるのですが、結果は同じでした。グーグルはドメインをコンテンツと照らし合わせて表示するかを決定しているので、多少のワードの差異は影響しないですし、言語に関しても翻訳を入れてから検証しているので、言語が問題にならないのです。ドメイン名が何であっても、コンテンツが良くないと表示されないようにはなってきています。逆にドメイン名が多少ずれていても、コンテンツの内容がマッチすれば表示されるようにはなっています。単にユーザーが検索したワードとのマッチングではなく、検索者の意図することはなんであるのかというのを推測するアルゴリズムであることを誇っているので、当然そのようなキーワードだけに左右されないアルゴリズムになっています。しかし、ワードが合っていることはユーザーのわかりやすさに結びつくので、わざわざ変なワード選定にすることもないです。英語であろうと日本語であろうと、コンテンツの内容をだいたい推測できるものであればそれでよいです。グーグルの推測機能のおかげで微妙なところを気にする手間は省けました。しかし、逆にワード選定や被リンクなどのブラックハット気味にseoをしていた人にとっては不利になってきています。そして逆にコンテンツの純粋な質でやっていて、seoにそれほど力を入れていなかった人には良い状況になっています。グーグルの理念はユーザー満足度の最大化なので、今後はより一層コンテンツ重視の傾向は強まるでしょう。

ドメインが持っていると悪影響になる被リンクとは

グーグルからの評価の悪いサイトからの被リンクはあるとリスクになります。逆seoに対してはグーグルも知っているので、ただちに被リンクを貼られているサイトの評価まで落とすということはないのですが、自分で悪徳業者を利用して大量に被リンクを生成しているなどのブラックハットを行うと、それは悪影響になります。純粋に被リンクを増やすことが重要です。また、被リンクにこだわってもそれほど意味ないでしょう。被リンクがあること自体が評価されるというのもありますが、どちらかというとそれをきっかけにクローラーがサイトを巡回するというのが重要なのです。そのため、サイトのコンテンツや内部seoが行き届いていないと、結局クローラーが来ても無意味になります。ドメインをあちこちに貼っても仕方がないので、サイトの質を高めることが最優先です。また、グーグルも被リンクなどの戦略を行っているサイトを評価したいわけではないので、そういったこととは関係なく、純粋にサイトの質を高めているものを探すアルゴリズムに改変していっています。ブラックハットだけでなく、ホワイトハットもなるべくなら行わせたくないとグーグルは考えています。その暇があるのなら、少しでも見やすく、良いコンテンツを配信してもらいたいのです。最終的にユーザー満足度を最大化し、ユーザーが求めるあらゆる情報がわかりやすく入手できることがベストな状態です。被リンクがどうとかいうのはそれほど関係ないのです。キーワードに関しても単純にそれが多いから良いとかではなく、キーワードが入っていた方がユーザーの理解が深まりやすいからというのが理由です。そのため、キーワードをいっぱい入れて目だとうというのは逆効果です。